カナガンドッグフード

グレインフリーのおいしいドックフードです。

 

口コミでも栄養バランスの良さなどが好評のイギリス産高級グレインフリードッグフード『カナガン』。

 

 

犬の健康などを第一に考えて開発されたドッグフードだけに多くの愛犬家に注目されていますが、具体的にカナガンドッグフードが優れている点はどこにあるのでしょうか?

 

 

今回は、市販では購入できないカナガンドッグフードに関しての情報をまとめましたのでご覧ください。

 

 

現在、犬のご飯で悩まれている方は必見です。

 

カナガンドッグフードの特徴とは?グレインフリーって何?

 

前述のようにカナガンドッグフードの大きな特徴は犬にとって最もベストと思われる原材料を多く配合している点です。

 

 

当然、犬と私たち人間というのは身体的な構造にも大きな違いがあるため、栄養価値がある原材料も異なる部分があります。

 

 

そして、このドッグフードの開発者であるエディー氏が長年の調査・研究により導き出した答えがこのカナガンドッグフードです。

 

 

カナガンドッグフードに配合されている原材料の多くは犬の健康を維持するためには最適であり、その中でも特に注目するポイントはグレインフリーとなります。

 

 

グレインフリーとはトウモロコシ、小麦、大麦などの穀物を使用していないという意味です。詳細は後述しますが、犬にとって穀物類は栄養価値がなく、酷い場合には健康上の害を及ぼすこともあります。

 

 

しかし、穀物類というのは比較的安価で仕入れることができるため、一般的なお店などで販売されている安いドッグフードなどにはかさ増しやつなぎに使用されていることが多いのが現状です。

 

 

穀物が使用されている安いドッグフードは飼い主である人間からしてみればお得ですが、犬の健康という視点から見ると決してベストとはいえません。

 

 

カナガンドッグフードはこの犬の健康に焦点を当てて製造されているドッグフードでもあるため、愛犬にも毎日健康に過ごしてほしいという飼い主にはぴったりの商品でもあります。

 

 

また、カナガンドッグフードの特徴はグレインフリーだけではなく、イギリスの高級平飼いチキンなど高品質で新鮮な原材料を多く配合しており、さまざまな角度から愛犬の健康をサポートすることが可能です。

 

 

グレインフリーが愛犬にもたらすメリットとは?

 

先ほども取り上げたようにカナガンドッグフードはグレインフリー(穀物不使用)が大きな特徴となっていますが、なぜグレインフリーが犬にとって良い影響を与えるのでしょうか?ここでは、グレインフリーが犬に与えるメリットを解説してみたいと思います。

 

 

 

グレインフリーが愛犬にもたらすメリット1〜肥満の原因を取り除く〜

 

人にも肥満というものがあるように、犬にも肥満があります。犬が肥満になる原因というのは一般的に炭水化物などを含んだ穀物類が原因だといわれていますが、これらは体内に運ばれて分解されることで最終的にブドウ糖となります。

 

 

人の世界で見ると近年は炭水化物抜きダイエットなどという言葉がよく聞かれますが、基本的には犬も穀物、炭水化物を摂取しすぎると肥満へとつながっていきます。

 

 

炭水化物は適量であれば、インスリンというホルモンがエネルギーとして利用できるように働きかけ、それ以外の少量はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えられていくのが特徴です。

 

 

しかし、炭水化物や穀物類を摂取しすぎると余ったブドウ糖が体内にあふれることになり、この過剰分が脂肪として蓄積されていきます。

 

 

一般的にドッグフードなどのペットのご飯には血糖値を急上昇させるトウモロコシや小麦などの高GT穀類が含まれているため、インスリンが大量分泌しやすいです。

 

 

インスリンの大量分泌をもたらす食事を日常的に続けることで、肥満へとつながっていくため、獣医師などの専門家も穀類が多く含まれたペットフードには疑問を呈しているのです。

 

 

しかし、グレインフリーのカナガンドッグフードであれば、このような心配もなくなるため肥満になりにくい体質づくりを目指したい愛犬家の方にはぴったりの商品でもあります。

 

 

 

グレインフリーが愛犬にもたらすメリット2〜胃や腸への負担が軽くなる〜

 

グレインフリーが犬にもたらす健康上のメリットというのは、胃や腸への負担を軽減できることです。

 

 

犬というのは、本来穀物を消化しにくい生き物です。これが私たち人間と異なる点の一つとなりますが、人というのは穀物類を摂取すると唾液中に含まれているアミラーゼという消化酵素と咀嚼により穀物をある程度分解することが可能です。

 

 

つまり、ある程度細かくされた形で胃の中に摂り入れることができるため、胃や腸への負担も軽減することができるということですね。ところが、犬の場合は唾液中に含まれているアミラーゼが少ないという特徴があります。

 

 

もちろん、アミラーゼというのは体内に入ってから膵臓からも分泌されるため多少は分解することが可能ですが、完全に消化するというのは難しいです。

 

 

完全に消化されないまま十二指腸まで穀物が届けられることで、胃や腸に大きな負担がかかりやすくなります。

 

 

どれぐらいの負担がかかるのかは、もちろん犬の種類や年齢など個体差がありますが、胃や腸が弱いタイプや穀物の消化が非常に辛いという犬のケースでは嘔吐や下痢などを起こしてしまうこともあります。

 

 

穀物を与えて1日、2日で何か問題が起こるという可能性は極めて低いですが、ドッグフードは基本的に毎日犬が食べるものです。

 

 

長期的な視点で見た場合には決してメリットになることはないため、犬の健康を気にする方などはグレインフリーのドッグフードを使用しています。

 

 

ちなみに、グレインフリーのカナガンドッグフードは胃や腸の機能が低下してきた老犬にもおすすめです。

 

 

 

グレインフリーが愛犬にもたらすメリット3〜アレルギー対策にもなる〜

 

これも人と同じですが、犬にもアレルギーがあることがわかっています。

 

 

アレルギーというのは免疫システムが本来無害であるはずの食品などに敏感に反応してさまざまな症状を引き起こすことですが、犬のアレルギーの場合は大抵はドッグフードに含まれている原材料が関係しているといわれています。

 

 

アレルギーの原因となっている原材料に関しては、当然犬によって異なるため、一概にはいえませんが基本的には牛肉、牛乳をはじめ小麦、トウモロコシといった穀物類が犬のアレルギーを引き起こすと考えられています。

 

 

犬のアレルギー症状も人と同様にさまざまですが、主に皮膚の痒みが初期症状として起こりやすいです。

 

 

また、この初期段階において発疹や脱毛などの変化が見られる犬もいます。

 

 

犬の場合は大抵はこの皮膚関係の異常が現れるといいますが、極まれに下痢や嘔吐などを起こすタイプもいるため、アレルギーなのか別の病気なのかを区別することは非常に大変です。

 

 

アレルギーというのは前述のように穀物類だけでなく、その他の原材料も影響しているため、確実に穀物類が原因とは断言できませんが現在、穀物入りのドッグフードを食べている愛犬がこれらの皮膚の異常や下痢、嘔吐などを発症している場合は一度、病院での検査を受けることをおすすめします。

 

 

そこで、穀物類がアレルギーの原因とわかった場合にはグレインフリーのドッグフードに切り替えるなどの対策を施すことでアレルギー症状も改善できる可能性が高くなります。

 

カナガンドッグフードの注目の原材料を徹底解説!

 

ここまで、カナガンドッグフードの大きな特徴でもあるグレインフリー(穀物不使用)のメリットについて取り上げてみましたが、カナガンドッグフードにはそれ以外にも愛犬の健康をサポートする原材料が多く含まれています。

 

 

ここでは、犬にとって良い影響を与える注目の原材料をいくつか取り上げてみたいと思います。

 

 

 

骨抜きチキン生肉・乾燥チキン

 

冒頭でも少し取り上げましたが、カナガンドッグフードには高品質なチキンが含まれており、この商品では目玉的存在として注目されています。

 

 

チキン(鶏肉)は一般的に脂肪分が少なく良質なタンパク質が含まれているため、犬にとってはメリットのある食品の一つです。

 

 

また、穀物類と異なり消化もスムーズに行えるのが嬉しいポイントでもあります。

 

 

良質なタンパク質が含まれているのは牛肉や豚肉も同様ですが、これらはチキンと比較するとどうしても脂肪分が多いのがデメリットです。

 

 

これらの点を踏まえてみると、やはり脂肪分が少なく豊富なタンパク質やビタミンなど健康をサポートする成分が含まれているチキンが最も犬には適しているといえます。

 

 

 

サツマイモ

 

サツマイモは穀物原料の代わりになる炭水化物源として注目されており、消化効率が高いのが犬にとってもメリットとなります。

 

 

また、時間をかけてゆっくりと吸収されていくという性質を持っており、これにより血糖値の急激な上昇を防ぎ一定に保つなどの効果が期待できるとされています。

 

 

前述のように血糖値の急上昇は肥満などの原因にもなるため、これらのデメリットを抑制する作用があるサツマイモも犬の健康をしっかりとサポートする原材料です。

 

 

 

海藻

 

海藻には豊富なミネラル成分が含まれています。ミネラルは犬に必要な6大栄養素の一つでもあり、細胞の調整や骨格の形成などに必要とされる成分でもあるため、不足すると体内バランスが乱れるという弊害が起こります。

 

 

また、海藻には食物繊維も含まれていますが、食物繊維は硬くなった便を柔らかくして便を排出させやすくしたり、善玉菌を増やす作用もあるため、体内の有害物質を減らして毛並みや毛ツヤなどが良好に保たれるというメリットももたらしてくれるのです。

 

 

また、海産物にしか含まれていないヨウ素は甲状腺ホルモンの主原料として知られており、新陳代謝の活発化や愛犬の成長をスムーズに促す働きがあるとされています。

 

 

海藻は人にとっても健康をサポートする成分ですが、犬にとっても非常に大きなメリットをもたらします。

 

 

 

マリーゴールド

 

マリーゴールドは強い抗酸化力を持つハーブであり、主に白血球の活動をサポートして免疫力の維持に努める働きがあるとされています。

 

 

人と同じく犬も免疫力が低下するとさまざまな病気にかかりやすくなるため、マリーゴールドの効果も大きいといえるでしょう。

 

 

 

クランベリー

 

クランベリーは、その実がジャムなどに使用されていることで有名です。主に血尿、尿路結石対策の働きがあるとされていますが、ビタミンCなども豊富に含まれているため、風邪などの体調不良になりにくい体質づくりもサポートします。

 

 

 

カモミール

 

リフレッシュ、リラックス効果をもたらすといわれているカモミールは主に皮膚の痒みなどを緩和する作用があるため、愛犬の皮膚の健康を保つのには適したハーブです。

 

 

また、香りそのものが犬にリラックス効果を与えるともいわれています。

 

カナガンドッグフードの品質は本当に安全なの?

 

カナガンドッグフードは犬の健康を第一に考えて開発されている商品ですが、海外製ということもありどうしても品質や安全面で心配という方もいます。

 

 

カナガンドッグフードが生産されているのはイギリスのランカシャー州に位置する『GAペットフード・パートナーズ社』のペットフーズ専門工場です。

 

 

この工場は徹底した品質管理を行っていることでも知られており、国際規格であるSAI GLOBALのランクAを取得して州議会と英国小売協会にも認められている施設です。

 

 

そのため、品質や安全性に関しては地元・イギリスのペットフード業界から非常に高い評価と信頼を得ているのが特徴です。

 

 

また、カナガンドッグフードは一般的なドッグフードとは異なり、大量生産は行わない方針ですがこれにより極力、新鮮なドッグフードを消費者に提供することに成功しています。

 

 

そして、カナガンドッグフードに使用されている原材料ですが製造前と製造後の2回に渡り、品質チェックを行っています。

 

 

これは犬というのは、人と異なり、毎日の食事は基本的にはドッグフードからとなるため、原材料に有害物質が含まれていたら後々犬の健康を害するためです。

 

 

カナガンドッグフードはこの点も最大限に考慮して2回の厳しい品質チェックを行っているため、安全性に関しては極めて信頼できるという声が多いのです。

 

 

犬の健康を第一に考える愛犬家の方には、非常に頼もしさを感じる管理体制ではないでしょうか。

 

 

カナガンドッグフードを購入したら注意しておきたいことはある?

 

カナガンドッグフードが犬の健康をサポートし、安全性も高いことがわかりましたが、実際に購入したら注意しておきたいポイントがあるのかも気になるところですよね?

 

 

そこで、ここではカナガンドッグフードを愛犬に与える時に注意しておきたい点をいくつか取り上げてみたいと思います。

 

 

 

1日の給与量はしっかり守ること

 

カナガンドッグフードを実際に購入した方からは『カナガンに変えてから太った』という声も聞かれます。

 

 

カナガンドッグフードは基本的には肥満や急激な体重増加を防止する体質づくりもサポートしますが、なぜ一部の犬だけ太ってしまうのでしょうか?

 

 

これは、1日に与える量が過剰になっているためです。一般的に1日に犬に与えるドッグフードの量というのは各商品で異なります。

 

 

そして、カナガンドッグフードを購入した方は、以前使用していたドッグフードと同じ量を与えている可能性が高いです。

 

 

カナガンドッグフードは粗タンパク質が33%、粗脂質が18%含まれており、カロリーが高いのが特徴でもあります。

 

 

タンパク質に関してはドッグフードの中では非常に高タンパクであり、脂質の18%は適量ではありますが、過剰に摂取した場合にはやはり太る原因にもなります。

 

 

つまり、カナガンドッグフードは健康には良い原材料が豊富に配合されているけど、高カロリーのため、一般的なドッグフードと同じ量を与えたら太る可能性が高くなるということですね。

 

 

タンパク質、脂質ともに犬の健康を良好に保つには非常に重要な栄養素ですが、給与量を間違えたら逆効果です。

 

 

カナガンドッグフードに切り替えてから愛犬が太ったという方は、量を少なくして与えてあげましょう。

 

 

 

人口添加物が無添加であるため管理には要注意

 

カナガンドッグフードは栄養価値がなく、健康にあまり良い影響を与えない人口添加物を使用していない点も高い評価を受けている理由の一つですが、無添加商品のデメリットは酸化しやすいことです。

 

 

そのため、飼い主がしっかりと管理をしておかなければ腐りやすくなってしまうため、この点は注意しておく必要があるでしょう。

 

 

具体的な対策法としては封を開けてからできるだけ1ヶ月以内に食べることや、直射日光などを避けて保存しておくことなどがあります。

 

 

愛犬が毎日元気に過ごすことができるカナガンドッグフード

 

今回はグレインフリー(穀物不使用)のカナガンドッグフードの特徴、メリット、注意点などを解説してきましたが、カナガンドッグフードには本来、犬が必要とする栄養素が非常に豊富に含まれていることがおわかりいただけたと思います。

 

 

前述のように健康に良いからといって食べさせすぎると逆効果になる危険もありますが、1日に必要な量をしっかりと与えてあげれば体の中も見た目も健康的な状態を保つことは可能です。

 

 

また、カナガンドッグフードは小さな犬でも食べやすい小粒タイプのため、子犬から大型犬まであらゆる種類の犬に対応可能となっているのがメリットでもあります。

 

 

愛犬が毎日元気に過ごすことができる環境を作ってあげたいという方にはカナガンドッグフードはおすすめです。

 

>>カナガンドッグフード公式通販ショップはこちら<<