アレルギー疾患 犬

カナガンドッグフードを食べさせて愛犬の健康を守りましょう

 

犬の消化器官は、人間に比べるとデリケートなので、ホームセンターやドラッグストアなどで販売されている穀類が入っているドッグフードは、消化しにくい性質があります。

 

 

安価で購入できるドッグフードは、小麦や大麦、トウモロコシなどを使用しており、皮膚疾患などのアレルギーの原因になったり、生活習慣病の原因になってしまいます。

 

 

犬は本来は肉食動物なので、高品質な素材を使用した肉類中心の成分で作られたドッグフードを食べさせてあげる必要があります。

 

 

現代は室内で愛犬を飼育している人が増えており、以前に比べると生活環境は大きく変化していますが、必要な栄養素はほとんど変わっていません。

 

 

愛犬の偏食で悩んでいる人が増えており、缶詰やレトルトパウチ、おやつなどの嗜好性の高い商品しか食べてくれないと感じている人が少なくありません。

 

 

カナガンドッグフードは、アレルギー疾患の原因になっている穀類は不使用の商品なので、安心して食べさせてあげられます。

 

 

カナガンドッグフードは、人間も食べられる上質な肉類を原料にして作られている商品なので、嗜好性に優れており、偏食気味のワンちゃんも喜んで食べてくれます。

 

 

犬は加齢と共に運動量が低下してきて、筋力も落ちてきますが、肉類などのたんぱく質はしっかりと与えてあげる必要があります。

 

 

愛犬を飼育している人は、なるべく健康で長生きをさせたい人がほとんどなので、毎日食べるドッグフードは大変重要です。

 

イギリスで80%以上のリピートを記録しています。

 

カナガンドッグフードには、血糖値の急上昇を抑える食材のさつまいもを使用しており、食物繊維が豊富に含まれているので、便通を整える働きがあります。

 

 

愛犬を飼育している人は、便臭が気になっている人が多いですが、腸内の環境が悪くなっている可能性があります。

 

 

腸内の環境が悪くなってしまうと毛艶が悪くなったり、便秘や下痢をしやすくなり、健康面に悪影響が出てしまいます。

 

 

腸内環境を整える乳酸菌などの善玉菌が含まれているドッグフードなので、獣医師も推奨している商品です。

 

 

警戒心の強いワンちゃんを飼育している人は、いきなりドッグフードを変えてしまうと、食べてくれない可能性があります。

 

 

最初は普段食べているドッグフードに、少しずつ加えるようにして、最終的には完全に切り替えるようにすると、スムーズに食べてくれます。

 

 

カナガンドッグフードは、あらゆる犬種が食べられる商品ですし、歯の弱っている高齢犬も安心して食べられる商品です。

 

>>カナガンドッグフード公式通販ショップはこちら<<