カナガンドッグフード評価

カナガンドッグフードなら食べてくれました

 

12歳のミニチュアダックスの飼主です。

 

 

子供がいないので、主人とともに我子のように可愛がって育てています。

 

 

愛犬が食べ物を口にせず元気がないと、私たちも心配でたまらなくなり、気が気ではなくなります。

 

 

家の犬は、時々食べ物を全く口にしないときがありました。

 

 

動物病院へ連れて行っても、特に悪いところは見つからず、毎日同じドッグフードに飽きてしまい食欲が落ちているのだと思い、人間が食べる物と同じ食材で、手作りごはんを食べさせ、偏食をすれば、別のものを食べさせたりと過剰に甘やかしてしまいました。

 

 

かかりつけの獣医の話では、犬は知恵が働くので、食べなければ次回はもっと良い餌が出てくると踏んで、わざと偏食をするようなところがあるそうです。

 

 

また、手作り食は余程気をつけて与えないと、必要な栄養素を全部摂取することが出来ず、かえって健康や寿命に影響が出る事もあると指摘を受けました。

 

 

ウェットフードよりも、ドライフードを食べさせるほうが良いときき、いろいろ探して巡り会ったのが、カナガンドッグフードです。

 

 

このドッグフードは、長年ドッグフード製造業界で仕事をされてきた、心から動物を愛する英国人男性が、本当に信頼できる高級ドライフードをと、研究を重ねて作られたものです。

 

エネルギーの消費が緩やかだから空腹を感じにくいです。

 

安心できる原材料を使っていることと、人工添加物を加えていないこと、穀物が全く入っていないことが、大きな特徴のドッグフードです。

 

 

犬は昔から穀物は食べない動物なので、経費削減のために、麦やとうもろこしを与えると、アレルギーを発症したり、消器官のトラブルを起こしてしまうことを知りました。

 

 

カナガンドッグフードには、ストレスの無い環境でおおらかに育った鶏の肉を中心に、犬にとって大切な栄養素を含む野菜や果物、EPAやDHAといったオメガ3脂肪酸を豊富に含むサーモンオイルやハーブなど、愛犬の健康に配慮された、いろいろな材料が含まれています。

 

 

スーパーに並んでいるドッグフードよりは、値段は若干高めですが、愛する飼い犬には健康で長生きしてもらいたいので、あまり気にしていません。

 

 

私たちが甘やかしてしまい、好き嫌いが強くなってしまった犬なので、食べてくれるかどうか最初は賭けのような気持ちで、ドキドキしました。

 

 

いざ与えてみると、勢い良く完食してくれました。

 

 

与えるとほぼ100%の犬が食べた実績があるので、美味しいのだと思います。

 

 

ワガママに育てた私たちの犬も、毎日飽きることなくカナガンドッグフードだけを食べています。

 

 

毛艶も良くなって、良いフードに出会うことができたと夫婦で喜んでいます。

 

>>カナガンドッグフード公式通販ショップはこちら<<