ドッグフード アレルギー

ドッグフードに厳しい国からやってきたカナガンドッグフード

 

海外に比べると、日本で販売されているドッグフードには、厳しい管理基準というものが確立できていないといえます。

 

 

海外には、ドッグフードの原材料や添加物を厳しくチェックし、安全性が認められない場合は販売できないと、法律で定められている国もあるくらいです。

 

 

イギリスのカナガンドッグフードは、多くのドッグフードで使用している穀物を使用しない、グレインフリーというところに特徴があります。

 

 

人間と一緒に暮らすようになり、犬は穀物を食べるようになりましたが、本来、犬の祖先であるオオカミが穀物を食べることはありません。

 

 

それというのも、小麦や大麦、トウモロコシといった穀物は犬の消化器官には合っておらず、アレルギーを引き起こすからです。

 

 

穀物が引き起こすアレルギーは、消化器官の異常だけでなく、皮膚トラブルの原因にもなります。

 

 

オオカミは、このことを本能的にわかっていたのでしょう。

 

 

近年、皮膚トラブルを持つアレルギー体質の犬が増えたのは、ドッグフードによく使われているトウモロコシや小麦などの穀物が原因かもしれません。

 

 

獣医師はよく、犬の体調不良に対して薬を処方するのではなく、ドッグフードを変えるという手段を使います。

 

 

まずはフードを変えることから始める獣医師も少なくありません。

 

 

穀物が原因で起こっているかもしれない皮膚炎や消化器の病気なら、カナガンドッグフードが解決してくれる可能性があります。

 

 

カナガンドッグフードを作ったエディー氏は、犬の体にもっともいい成分だけを使ったドッグフードを作りたいと考えた結果、グレインフリーという答えにたどり着きました。

 

 

興味深いことに、エディー氏自身もグレインフリーの食生活にしたことで健康になったというのですから、飼い主も一緒に検討してみると、愛犬にうれしい結果になるかもしれません。

 

>>カナガンドッグフード公式通販ショップはこちら<<